マガジンのカバー画像

Product開発

53
Product開発におけるEngineering、design、Planningのhow toなどを発信していきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

デザイナーが要件仕様作るってどんな感じ?

前置きデザイナーが要件仕様作るとどうなるのか デザイナーなんだからデザインだけを作りたいんだ! はい、その気持ちよぉくわかります。デザインだけに集中するとアウトプット量もスピードも磨き抜かれるでしょうし、それも魅力的だと思います。 じゃあなんでやっているのかと言うと、要件仕様から考えた方が(私は)楽しいからです^^ デザイナーが要件仕様を作成することは、単なるプロジェクト進行のためのドキュメント化作業ではなく、いろんな利点があると考えています。 デザインの成果物に対する

ノベルティデザインも体験デザインの一部

バレンタインシーズンですね♡ 先週末に子ども達と一緒にチョコクランチの手作りに挑戦しましたが、お菓子というよりどちらかというと鉱物寄りな、ゴツゴツしたものができました。噛むと、モース硬度6はあるんじゃないの?ってぐらい硬い。(※人間の歯の硬度は7です) 自分達だけで食べるつもりだったので、きわめて適当に作ってしまったせいもあると思います。もし誰かに贈るつもりで相手を喜ばせたいという気持ちがあれば、もっと岩石っぽさを控えたものが作れたかもしれません。 とはいえ「チョコレートは

感情起点でスプリントの振り返りを実り多きものに🔥

スプリントの振り返り手法のひとつ「Mad / Sad / Glad」を試してみました。 やってみた感想は「めちゃよかった!」 議論が深まり、課題がどんどん浮き彫りになっていきます。最終的には必要なアクションが明確化され、さらにチームを良くしていける手応えを感じました。 よく喋るメンバーが固定化されてきた 振り返りがマンネリ化してきた 振り返りを盛り上げたい もっとチームをよくしたい このような悩み・渇望を抱えスプリントを回しているPdMやスクラムマスターの方々の

Twelve-Factor Appの考え方から、アキッパのプロダクトの課題を考える Part1

アキッパでバックエンドのリードエンジニアをしている村上です。 アキッパのプロダクトはイケてないところが多いんだと、採用やその他色んな場面で自虐する事がありますが、具体的にどこがイケてないのか!? 何か指標となるものと比べてみたいと思いまして、今回は、以下のTwelve-Factor AppというWebアプリケーション等を開発する上での12個のベストプラクティスと、アキッパの現状とを比べてみたいと思います。 いきなり脱線ですが、12っていう数字がかなり好きです。 今回のような

akippa product noteを1年続けた感想をみんなで話してみた

akippaのプロダクト開発部門のマネージ&PdMをやってる井上です。 ちょうど明日、akippaのプロダクト開発チームでnoteを書き始めて1年になります。 1年前に書き始めたときの最初の記事がこちら。 1年経ったので、akippa product noteを続けてみた感想、今後どうするのか、そういったことをチームで話してみました。 チームでブログの発信などをしていて、運用などに課題がある人の参考になれば幸いです。 きっかけどこかで振り返りをと頭の片隅で考えてたのです

MFA認証かつスイッチロールの環境でTerraformを実行する

こんにちは。akippa株式会社のエンジニア奥山です。 前回Terraformの導入について書きました。今回はその導入の際のTipsを記事にします。 こちらの記事でまとめられていますが、弊社のAWSではジャンプアカウントからスイッチロールで各環境へアクセスするようになっています。 また、スイッチにはMFA(2段階認証)が必須になっています。 この環境下でTerraformを実行するためにAWS Vaultを使う必要がありました。その方法を簡潔にまとめます。 AWS V

SEO対策で構造化マークアップをしてみよう!

はじめにHello World!あけましておめでとうございます! akippaバックエンドエンジニアの杉山です。 昨年は皆様、本当にありがとうございました!今年もakippaを何卒よろしくお願いします! さて、私は先年の5月からakippaに入社していますので1月時点で9ヶ月になります。 あっという間でしたが色々なタスクに取り組めて大変充実した年でした。 今年はさらに大きめのタスクを担当しますので気を引き締めていきます! 絶賛頭を悩ませながら新機能の設計作業中です。(あ

Chakra UI導入時にデザイナーがすべきこと

こんにちは、akippaの横山です。 今回はUIコンポーネントライブラリの1つであるChakra UIを導入した話をデザイナー視点でしようと思います。 このようなUIコンポーネントライブラリは、既存で豊富なコンポーネントがすでに用意されており、デザイン作成をサポートしてくれるという点からエンジニアさん視点で語られる傾向が多いのかな?と思います。 デザイナーとしてはこういったライブラリをうまく活用しサービス全体で一貫性のあるデザインを提供していくことができるといった点に着目すべ

【読後感想②】プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる本|橋本 将功

akippa株式会社でWebプランナーをしている谷口です! 前回から引き続き<読後感想>を書いていこうと思います。 今回は「プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる本」です。 ↓前回ご紹介した「プロダクトマネジメントのすべて」と同様、WEBサービスのプランナーに必要な一般的なIT知識やノウハウを得たいと思って見つけた一冊です。 "似た内容の本を2冊読んでみて共通する部分があれば、きっとそれはそういうことなんやろ"ということで、あえて2連続でプロダクト/プロジェクトマネ

akippaインフラ改善物語 Vol.4

akippaのインフラを改善していく物語の3回目です。前回はアラート通知を強化した、というお話でした。 今回のテーマ前回の冒頭でも触れていた、Auroraのバージョンアップがようやく完了したので、今回はこれがテーマです。 akippaではMySQL5.7互換からMySQL8.0互換へのバージョンアップでしたが、同じパターンでバージョンアップはまだこれから、というところもあると思いますので、事例が1つでも参考になれば幸いです。 バージョンアップ準備事前調査 何はなくとも

アキッパ、リサーチはじめるってよ

2020年に米国で発表された研究結果によると、人間の脳には移動に喜びを感じる特別な幸福発生回路があるらしいです。 モビリティビジネスに従事するものとしてはドヤ顔で語りまくりたいエビデンスですが、私たちアキッパも、リアルの“あいたい”を世界中でつなぐため、すべての人が移動しやすい世の中を実現すべく、サービスの成長を目指して日々奮闘しております。 アキッパでは「駐車場を予約する」や「個人宅のスペースを駐車場として貸し出す」など、従来の常識を超えた新しい体験を提供していますが、そ

akippaのドライバープロダクトチームの歩み|2023年5月~11月

そろそろクリスマス、そしてあっというまに年の瀬ですね。我が家の2023年は家電が壊れまくる1年でした。 冷蔵庫|実働12年|ドア破損|自力修理 ドライヤー|1年|コードちぎれ|買い替え 食洗機|5年|水漏れ|買い替え エアコン|10年|電源入らなくなる|買い替え 洗濯機|12年|異音→轟音&金切り音|買い替え これらの家電の使い方を振り返り、故障の原因を探っっ… すみません、買い替えの出費が痛すぎて思わず記事にしてしまうところでした。 気をとりなおして、akippaのド

リアルタイムでエラーを検知して、一匹残らず駆逐してやる!

akippaでバックエンドのリードエンジニアをしている村上です。 「進撃の巨人」のアニメ、つい先日に完結編が放送されましたね。 主人公エレンの「一匹残らず駆逐してやる!」というセリフにあやかって、今回は、最近私が取り組んでいたプログラムエラーのリアルタイムでの検知と、そこで検知したエラーの駆逐活動を通じて改めて考えさせられた事についてつらつらと書きたいと思います。 何を検知すべきか?プロダクトを開発・運用・保守されている方であれば、AWSのCloudWatch等、様々なサ

インフラ担当じゃないけどIaC導入のため動いてます 〜akippaのインフラ近代化を目指す〜

こんにちは。akippa株式会社のエンジニア奥山です。 私の主な役割はakippaのオーナー様(駐車場を貸し出す側)向けの機能開発です。バックエンドエンジニアと呼ばれる職種です。 本稿はインフラ担当ではない私が、Infrastructure as Code (IaC)を通じてインフラ運用のお手伝いをしている話をシェアします。 手作業だらけのインフラ運用akippaは長く続いているサービスなだけあり、システム構成や運用方法にレガシーな面が目立ちます。 特に本来なら自動化で